NEWS

若手クリエーターとユーザーを繋ぐ POP-UP型百貨店「246st MARKET」を開催

ワールド北青山ビルを起点にした『クリエーターズサポートプログラム 』 注目のスタートアップブランド15ブランドを集めたPOP-UP型百貨店 「246st MARKET」

株式会社ワールドは、今期からスタートさせた“次世代ファッション業界の多様なアイデア・チャレンジを支援すること”を目的とした『クリエーターズサポートプログラム』の一環として、注目のスタートアップブランド15ブランドを集めたPOP-UP型百貨店『246st MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)』を、9月14日(土)~23日(月・祝)の10日間、ワールド北青山ビル(港区北青山3-5-10)で開催しました。
会期中会場には、ファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地 彩弓氏がサステナブルの観点でキュレーションしたファッション、服飾雑貨、飲食の15ブランドが並び、作り手であるデザイナーやクリエーターは、来場したお客様に自分たちの想いを伝えながら販売しました。

「246st MARKET」がコンセプトに掲げる“サステナブル”は、会場演出においても、環境負荷とコストを極力抑えた空間で、作り手の想いと買い手のニーズを繋ぎます。
今回は、コワーキングスペース、シェアハウス、オフィスやセレモニースペースのように、様々な人々が集い交流のハブになるような場所の設計を多く手がける建築家 百枝 優氏がこのプロジェクトのためにデザインしたリユース可能な什器を使用しました。
この什器は屏風型の側板とフレキシブルな棚板の組み合わせでできており、収納時は屏風のようにコンパクトに折り畳むことができるため、15店分の什器が4トントラック1台で運搬可能となりました。さらに、30、45、60、90、120という建築の基本となる角度とサイズを用いることで、組み立てやすさと端材を出さない工夫によりサステナブルが実現。会場をリユース可能な“サステナブル”をテーマに演出しました。

『246st MARKET』 開催概要
日程:2019年9月14日(土)~23 日(月・祝)
場所:ワールド北青山ビル (東京都港区北青山3-5-10)
主催:株式会社ワールド
ポップアップ家具デザイン・制作:建築家 百枝 優 (ももえだ・ゆう)氏
/ 百枝優建築設計事務所主宰/九州大学非常勤講師
出店ブランド:
【ファッション】ALL YOURS、R for D、TENDER PERSON、snails
【服飾雑貨】gauge、matlor、iwaigami、BEYOND THE REEF、objects.io、 CLOUDY 
【フード】Minimal、美濃加茂茶舗、伊良コーラ、フタバフルーツ、imperfect
協力:株式会社ワールドスペースソリューションズ
総合ファッショングループ、株式会社ワールドが開催した POP-UP型百貨店「246st MARKET」のイメージ画像
ワールド北青山ビル1Fにスタートアップブランドが並ぶ 「246st MARKET」(什器イメージ)
総合ファッショングループ、株式会社ワールドが開催した POP-UP型百貨店「246st MARKET」の内覧画像
開催中の会場を構成する什器はリユース可能な“サステナブル”をテーマに演出
総合ファッショングループ、株式会社ワールドが開催した POP-UP型百貨店「246st MARKET」の什器画像
平面から空間に変化するフレキシブルな什器で売り場を作る

RELATES LINKS